読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ、アプリの最新ニュース

格安スマホや格安SIM、アプリ情報の最新ニュースブログです。

フランス生まれのSIMフリースマホメーカー「Wiko」が1万4800円の端末で日本に参入

Wiko


 2月14日、フランスのスマホメーカーWiko(ウイコウ)は日本への参入を発表。あわせて2月25日にSIMフリースマホの第1弾として「Tommy」の発売をアナウンスしました。

f:id:mkg0731:20170215104138j:plain

 



 ウイコウはフランスのベンチャー企業。2011年に設立された若いメーカーながら、カジュアルなデザインと低価格路線がヒットし、グローバルでは1000万台を出荷。地元フランスではシェア2位になるほどで、現在は欧州を始め世界各国にも進出しており、日本は34ヵ国目の進出先となります。

f:id:mkg0731:20170215104137j:plain



 発表会に登壇したWiko Japan 代表取締役社長の前田浩史氏は、同社の日本参入について「日本のSIMフリースマホの市場が伸びてきていること」に加え「オリンピックに向けたネットワーク環境の整備が一段と進む」という予測をポイントに上げています。世界的に見て日本のネットワーク環境は最前線ともえ、日本参入によって最新ネットワーク環境対応のノウハウが得られるというのが狙いのようです。

f:id:mkg0731:20170215104139j:plain



 日本市場に投入される端末「Tommy」は、1万4800円(税別)の低価格モデル。ディスプレーは5インチ(720×1280ドット)でCPUはSnapdragon 210(1.3GHz、クアッドコア)。ストレージは16GBですが、メモリーは日本独自仕様として2GBに強化されています。

 LTEの対応バンドは対応バンドはBand1/3/8/18/19。VoLTEにも対応予定です。またSIMスロットはデュアル仕様(microSIM×2)ですが、国内での同時使用いわゆるDSDSには非対応です。

 本体サイズは約71.5(W)×8.9(D)×145.9(H)mmで重さは約145g。本体カラーはブランドイメージカラーの「ブリーン」(ブルー+グリーン)を始め、フラッシュレッド、トゥルーブラックの3色展開。海外では全6色で展開しており、残りの3色も追加モデルとして予定されており、若者向けのデザインということで、鮮やかな背面カラーが特徴となっています。

f:id:mkg0731:20170215104140j:plain

f:id:mkg0731:20170215104141j:plain

f:id:mkg0731:20170215104142j:plain



 今後も日本に向けてSIMフリースマホを投入していく予定とのこと。フランス生まれの格安スマホの登場に今後も注目です。