格安スマホ、アプリの最新ニュース

格安スマホや格安SIM、アプリ情報の最新ニュースブログです。

市場の95%が希望したAndroid搭載の「NuAns NEO [Reloaded]」が5月に登場

2月20日、トリニティは同社のスマートフォン「NuAns NEO」の新モデル「NuAns NEO [Reloaded]」が発表されました。前モデルはOSにWindows 10 Mobileを採用していましたが、NuAns NEO [Reloaded]ではAndroid 7.1(Nougat)を搭載しています。

f:id:mkg0731:20170222110513j:plain

 



 OSの変更について、トリニティ代表取締役の星川 哲視社長は「たくさんの方からAndroidが欲しいという声をいただいた。Windows 10 Mobileでは2作目をつくる必要性があまりなかった」と市場のニーズに合わせた結果と説明しています。

f:id:mkg0731:20170222110509j:plain



f:id:mkg0731:20170222110512j:plain



 ちなみにOSはほとんどカスタマイズをしておらず素のAndroidに近く、インターフェースもほぼそのまま。Windows 10 Mobileはマイクロソフトがアップデートを配布していたのに対し、Androidはメーカー提供するためアップデートをいち早く提供するためとのことです。

 前モデルのNuAns NEOは、COREとよばれる本体と着脱が容易なカバーを組み合わせることで、ユーザーの好みで多くのデザインパターンつくれるシステムが特徴でしたが、これは今回のNuAns NEO [Reloaded]にも踏襲。しかも本体サイズは同じなので、前モデルのカバーがそのまま流用できます。また前モデル用に多くのカバーが発売されていますが、今回のNuAns NEO [Reloaded]の発売に合わせて、コルクやデニム、ストーンといった新素材を使った新しいケースもリリースされます。

f:id:mkg0731:20170222110506j:plain



 NuAns NEO [Reloaded]は本体サイズこそ前モデルと同じですがスペックは強化されており、特にディスプレーは5インチ(720×1280ドット)から、5.2インチ(1080×1920ドット)へと拡大。シャープ製の狭額縁液晶を採用し、ディスプレーの専有面積が大きくなりフロントもスマートな印象となっている。

f:id:mkg0731:20170222110505j:plain



 モバイル通信のネットワークは、LTEがBand1/3/4/5/7/8/9/12/17/18/19/26/28に対応。auのVoLTEにも対応し、ドコモ、au、ソフトバンクの回線すべで利用できるようになっています(ドコモとソフトバンクのVoLTE対応は検討中。SIMカードのサイズはmicroSIMでnanoSIMユーザー向けにアダプターを同梱しているとのこと。

f:id:mkg0731:20170222110511j:plain



 ディスプレーの下部には指紋認証センサーを搭載し、ロック解除などに活用できます。また本体となるCOREは、IP54相当の生活防水仕様。飛沫程度の水濡れなら問題なく使用できます。ただしケースは素材によって防水性が異なるので注意が必要です。

f:id:mkg0731:20170222110510j:plain



 カメラ性能はメインが約1300万画素でインカメラは約800万画素。どちらもソニー製のセンサーを搭載し、カメラアプリはOS標準となっています。展示モデルがテスト機ということで撮影した写真のチェックはできませんでしたが、OS標準アプリなどでどこまで画作りの調整がされるか、製品版では気になるところです。

 今回最大のアップデートポイントと言えるのが、FeliCaを搭載しいわゆる「おサイフケータイ機能」が使えるようになったこと。現在各サービスとの協議・調整中のため、対応サービスはなにひとつ明示されませんでしたが、イメージビデオでは駅の改札を通過したり、ショッピングの支払いの利用が想定されているようです。

f:id:mkg0731:20170222110508j:plain


 前モデルでは『「変えたかった」のは、ワークスタイル』を大きなコンセプトとして、Windows 10 MobileのOffice MobileやContinuumといった機能を使ったビジネス面での生産性がクローズアップされていましたが、NuAns NEO [Reloaded]ではこのあたりの言及はありませんでした。
 ただし、前モデルのNuAns NEOが価格を2万9800円に値下げして引き続き併売されるので、ワークスタイルを変えたいユーザーは新素材のケースと組み合わせて前モデルが購入可能です。

 発売が5月と先のため、FeliCaの対応サービスが未定であることや、発表会に展示されていたモデルが試作機でディスプレーの反応やアプリの使い勝手などはテストできず、実際の製品版でどのような仕上がりになるかが気になります。購入を検討しているユーザーは、メディアの続報や店頭で製品版に近いデモ機をチェックしてから判断したいところです。

f:id:mkg0731:20170222110502j:plain

f:id:mkg0731:20170222110501j:plain

f:id:mkg0731:20170222110504j:plain

f:id:mkg0731:20170222110503j:plain

f:id:mkg0731:20170222110458j:plain

f:id:mkg0731:20170222110456j:plain

f:id:mkg0731:20170222110457j:plain

 

f:id:mkg0731:20170222110500j:plain

f:id:mkg0731:20170222110459j:plain

f:id:mkg0731:20170222110507j:plain


 そのほかのスペックは下記のとおり。発売日は5月を予定しており、価格は「CORE」のみで4万9800円。3月31日までの購入予約特典として、別売のケースがひとつ貰えます。

CPU:Snapdragon 625(MSM8953)    
ディスプレー:5.2インチ(1080×1920ドット)
メモリー:3GB
ストレージ:32GB
バッテリー:3450mAh
無線LAN:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac 2.4GHz/5GHz帯
USB:Type-C(USB 3.0 / OTG、Quick Charge 3.0サポート)
サイズ:約74(W)×11(D)×141(H)mm/約g