読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ、アプリの最新ニュース

格安スマホや格安SIM、アプリ情報の最新ニュースブログです。

スタートから半年たったLINEモバイルが夏に向けての新サービスを発表&女優の「のん」を起用したテレビCMも披露

 3月14日、LINEモバイルは発表会を開催。サービススタートから半年が経過した同社の実績と今後の展開、さらに3月15日から全国で放送されるテレビCMが披露されました。

f:id:mkg0731:20170316153508j:plain


↑発表会に登壇したLINEモバイル嘉戸彩乃社長(左)とテレビCMに出演中ののんさん(右)

 


 プレゼンに登壇したLINEモバイル代表取締役社長の嘉戸彩乃氏によると、2016年9月にサービスインしてから、実数こそ公表しなかったものの、契約数は右肩上がりで成長していることをアピール。週間契約数も2016年10月比べて、2017年3月では3.5倍に増加しています。

f:id:mkg0731:20170316153507j:plain



 さらに月間平均解約率は1.2%と低水準をキープ。これは契約期間の設定されていないデータSIM用のプランを含んだ数値で、ほかのMVNOを比べてもかなり低い解約率です。この低い契約率は、契約したユーザーがLINEモバイルのサービスに満足していることの裏付け。実際ユーザー満足度も93%と高い水準です。

f:id:mkg0731:20170316153504j:plain



 嘉戸社長は、LINEモバイルが人気の要因は、LINEだけでなく、InstagramやFacebookなどのSNSでの通信もカウントフリーとなる「コミュニケーションフリー」と、快適な通信速度の維持によるものと説明しています。

 また平均利用料金も2016年10月の時点では1290円だったのが、2017年2月には1600円と増加しています。これは「メインとして音声通話タイプを選ぶ方が増えている」(嘉戸社長)ため。音声通話プランの割合は2017年2月で65%と半数を超えており、メイン端末にLINEモバイルという組み合わせが人気のようです。

f:id:mkg0731:20170316153506j:plain



f:id:mkg0731:20170316153505j:plain



 LINEモバイルは。このような半年間の施策に加えて、今後のサービス拡充により、さらなるユーザー獲得を目指しています。そのひとつが「MUSIC+プラン」の拡充で、LINEミュージック以外の音楽配信サービスについてもカウントフリーを導入するとのこと。

f:id:mkg0731:20170316153502j:plain



 MUSIC+プランの拡充は初夏までにスタートを予定しており、価格は据え置き。具体的な対応サービス名は発表されず未定となっていますが、音楽好きのユーザーは注目です。さらに「音声通話定額サービス」も初夏までに導入予定とのこと。こちらも詳細については後日発表となっています。

f:id:mkg0731:20170316153503j:plain



 またこれまで自社サイトやAmazonなどオンラインでの販売のみでしたが、3月15日からビックカメラとヨドバシカメラに、LINEモバイル専用のカウンターがオープン。即日受け渡しが可能なカウンターなので、購入後すぐに使えるのがポイント。今後はこういったユーザーの接点となるカウンターやサポートコーナーの「タッチポイント」を全国で100ヵ所設置する予定とのことです。

f:id:mkg0731:20170316153501j:plain


 そのほか、LINEモバイルとしては初めての全国区でのテレビCMを放送。CMキャラクターには女優ののんさんを起用。のんさんは発表会にも登場し、CMについて「とてもシンプルで格好良い」とお気に入りの様子でした。

f:id:mkg0731:20170316153457j:plain



 順調にユーザーを獲得しているLINEモバイルですが、その後の施策が「カウントフリーの拡大」、「音声通話定額」、「リアル店舗の展開」、「テレビCMの放送」とわりとほかのMVNOの後追いといった感じも否めません。とはいえ、これで一般ユーザーにもリーチしやすくなるのは確か。LINEはコミュニケーションツールとしてユーザーが多いので、一般層にも広がるようなら、LINEモバイルのシェアはさらに拡大しそうです。

f:id:mkg0731:20170316153458j:plain