格安スマホ、アプリの最新ニュース

格安スマホや格安SIM、アプリ情報の最新ニュースブログです。

トーンモバイルはシニアも安心・安全で使える新サービスをスタート

トーンモバイルは2017/9/15.同社が提供しているMVNOサービス「TONE」で、「あんしん電話」などシニア向けの新サービスを発表しました。トーンモバイルはこれまで主に小学生向けのスマートフォンサービスを提供していましたが、今回のシニア向けはその技術を応用して、シニアでも安心かつ安全に使えるように考えられています。

f:id:mkg0731:20170919175334j:plain

 

「あんしん電話」は、全ユーザー対応の無料の標準オプションとして利用できるサービス。電話がかかってくると、その番号が家族や友人かどうか端末のアドレスで判断するだけでなく、振り込め詐欺や悪質な勧誘などに使われている番号かどうかを判断して画面上に警告してくれます。

f:id:mkg0731:20170919175325j:plain

番号の判断は同社独自の「TONEあんしんGateway」を使い、定期的に番号を更新。さらに「TONEあんしんAI」を使って番号を随時解析しているので、高い精度でかかってきた番号が安全かどうか判断できるとのことです。

f:id:mkg0731:20170919175346j:plain


発表会に登壇したトーンモバイル 代表取締役社長の石田宏樹氏は、「トーンモバイルのミッションは、社会問題をテクノロジーで解決すること」と語っており、「子供向けのサービスで、子供のスマートフォン問題は一定の提案ができた。次はシニア向けの社会問題について提案していきたい」と説明。さらに「オレオレ詐欺などの特殊詐欺やフィッシングサイトなど、せっかく自分たちが普及させてきた通信インフラIT技術が悪用されている」と怒りをあらわにしています。

f:id:mkg0731:20170919175409j:plain

その上で「シニアの方々は、こういった被害者になりがちなことを自分事として考えている人は少ない」とし、「あんしん電話」などを標準サービスとすることで被害者を減らすのが目的ということです。

f:id:mkg0731:20170919175420j:plain

また専用ウェブブラウザーのフィルタリング機能「あんしんインターネット」も大人向けに「あんしんインターネットLite」を用意。フィッシング詐欺などの悪質なサイトはブロックしてアクセスできないようになっているのは同じですが、「あんしんインターネット」ではブロックされているアダルトサイトなどにはアクセス可能です。

位置情報の共有サービス「見守り機能」も、シニア向けに「ゆるやか見守り」として提供。子供向けの見守り機能は、地図上をピンポイントで指定できるほどの制度で位置情報がわかりますが、「ゆるやか見守り」では町レベルのおおよその位置のみを表示。地図を拡大表示していくと位置情報を表すアイコンが消えるようになっているので、「どこに居る」まではわからず、「どの辺にいる」レベルで位置情報が共有できます。

f:id:mkg0731:20170919175438j:plain

そのほか子供向けに展開していた「お知らせシール」や専用紙に記入して初期設定を行う「らくらく初期設定」といったサービスも提供。端末をかざしたり、写真を撮るだけでアプリを起動したり設定が行えるので、スマートフォンの操作に慣れていないシニア層もカンタンに操作できそうだ。

f:id:mkg0731:20170919175454j:plain

f:id:mkg0731:20170919175505j:plain

また、遠隔操作で家族が操作をサポートする機能も強化。iPhoneとAndroid端末用に提供されている専用アプリの「TONE見守り」から、相手のスマートフォンの画面を表示して使い方をレクチャーしたりできるので、離れて暮らす家族なども安心して使える。

f:id:mkg0731:20170919175517j:plain

最新モデルの「TONE m17」は、シニア向けにフィーチャーフォンに似たインターフェースも用意されており、端末の使い勝手からサービスの安心までをサポート。シニアがフォーチャーフォンからの乗換ではなく、2台持ちとして最初の1台として購入するのにオススメです。

↓トーンモバイルについての記事はこちら↓

kakuyasu-sumahogakuen.com